ニュイ.ブランシュ

IMG_4333_2.jpg IMG_4334_2.jpg IMG_4295_2.jpg IMG_4307_2.jpg

3日、「ニュイ.ブランシュ KYOTO」に行ってきた。
日本とフランスの現代アートの祭典である。
ニュイ.ブランシュは、フランス語で白夜を指す。

パリが芸術を夜通し楽しむイベントを行っており、姉妹都市の京都でも2011年から開催している。
約40会場で、展覧会やパフォーマンス、コンサートなどが夜まで楽しめる。

訪れたのは、「京都市京セラ美術館」
(ナイトウィズアート 2020)
エントランスの鈴木康広の25メートルの巨大な作品「空気の消息」がお出迎え。

京セラスクウェアでは、オオルタイチとmama!milk、京都市交響楽団のメンバーとのセッション。

アコーディオン(黒いドレスとヘッドアクセがとてもオシャレ)とウッドベースのオオルタイチのノスタルジックな音。
それに、mama!milkの前衛的な演奏と古楽的な交響楽団がミックスして。
映画の一場面のよう。

閉じこもっていた日々から徐々に戻ってきた日常。
野外で聴くコンサートに、しみじみと幸せを感じた。

カテゴリー: 未分類 | ニュイ.ブランシュ はコメントを受け付けていません

ブリュノ フォンタナ 展

IMG_4254.jpg IMG_4255.jpg IMG_4258.jpg IMG_4259-scaled.jpg

京都駅で用があったので、「ワコールスタディホール
キョウト」へ寄った。

毎年、こちらのギャラリーでは、京都国際写真祭に参加しているが、行く機会がなかった。

展示は、「ブリュノ.フォンタナ」
パリを拠点に制作活動を行うが、フランスの田舎の風景としてあるサイロを題材としている。

アルミニウムに直接プリントされているというが、ボッーっと浮かび上がる不思議な様が想像力を呼び起こす。

フォンタナは、サイロをこれまで見過ごされてきた遺産として、その存在意義を問う。

カテゴリー: 未分類 | ブリュノ フォンタナ 展 はコメントを受け付けていません

大丸では

IMG_4237.jpg IMG_4236.jpg IMG_4234.jpg IMG_4232.jpg

大丸のショーウィンドーには、セネガルのオマー.ビィクター.ディオブの作品。

エントランスでは、公募によって選ばれた作品の展示。
いつものデパートが、違う空間になる。

カテゴリー: 未分類 | 大丸では はコメントを受け付けていません

美女100人

IMG_4226.jpg IMG_4225.jpg

京都駅ビル 空中径路では、甲斐 扶佐義の(美女)シリーズのポートレート100点が並ぶ。

年齢もバックグラウンドも様々な女たち。
ある時期か、ずっとか、京都で生きる女たち。

彼は「ほんやら堂」を造った人。
今出川通を自転車で走っていたら、よくカメラを構えていたなー。

カテゴリー: 未分類 | 美女100人 はコメントを受け付けていません

足場と人が奏でるメロディー」

IMG_4211.jpg IMG_4212.jpg IMG_4213.jpg IMG_4218.jpg IMG_4216.jpg

京都駅ビル7階 東広場北ピロティでは、フアン スンミンの展示。

「足場と人が奏でるメロディー」という作品は、工事現場を劇場又はステージとする。

(工事現場ショー)を通して、労働と労働者階級に敬意を表わしているのだという。

カテゴリー: 未分類 | 足場と人が奏でるメロディー」 はコメントを受け付けていません

アニエス・ベーで

IMG_4198.jpg IMG_4199.jpg IMG_4205-scaled.jpg IMG_4206.jpg

京都国際写真祭。
この日は、伊勢丹のアニエス・ベーでの展示を見る。

作品をプリントしたウェアやポストカード、写真集なども販売。

カテゴリー: 未分類 | アニエス・ベーで はコメントを受け付けていません

京都国際写真祭

IMG_4197.jpg

嶹䑓ギャラリーの前を通ったら.見慣れた赤いノボリが。
そうか、始まったんだな。
「京都国際写真祭」

例年、4月から5月に行われるが、延期となっていた。
早速、ギャラリーの中へ。

この写真祭は、京都のあちこちの場所で、様々なアプローチで写真に挑む作品が並ぶ。

中には、フラットな心理が揺さぶられることもある。
嶹䑓ギャラリーでは、不意を突かれた作品群。
普段なら進んで見ないであろう。

しかし、安穏とした日常を覚醒させられる。
だから、この写真祭を毎年見ようと思う。

カテゴリー: 未分類 | 京都国際写真祭 はコメントを受け付けていません

とおる

IMG_4192.JPG IMG_4191.jpg IMG_4193.jpg

展覧会を見たらお昼前。
前から行きたかった「とおる」へ。

日本酒バー「よらむ」が、お昼は他の人が蕎麦屋をやっているのだ。
煮鰊と山かけ蕎麦、もちろん
選りすぐりの日本酒と。

カテゴリー: 未分類 | とおる はコメントを受け付けていません

池 大雅 展

IMG_4195_2.jpg IMG_4196_2.jpg

お墓参りの帰りに、京都文化博物館へ向かう。
「池 大雅ー文人たちの交流」展。
池 大雅は何度か見ているが、その都度、発見がある。

黄檗山の中国僧から神童と言われた程、幼い頃から秀でていた書。
何事も極めると自由になるのか。
伸びやかな筆使いに、こちらまで解放されるようだ。

京都の街中で生まれたが、草庵を開き多くの文人たちと交流した。
妻も書画に親しみ、二人で作品を売って生活していたとか。
金銭に頓着せずに、仲睦まじく。

なんだか、羨ましい生き方。

カテゴリー: 未分類 | 池 大雅 展 はコメントを受け付けていません

キンカーオ

IMG_4172.jpg IMG_4168.jpg IMG_4169.jpg IMG_4171.jpg

お昼は、七条の鴨川沿いにある「キンカーオ」へ。
タイ、ラオス料理のお店だ。
長らく、エスニック料理から遠のいていたなーと思う。

2人で、タイラーメンセットと、東北タイランチ。
タイとラオスのビール。
すっかり忘れていたこの味。
美味しいー。

カテゴリー: 未分類 | キンカーオ はコメントを受け付けていません