自由な表現

IMG_5161.jpg IMG_5152.jpg

よくある生け花展。
どれもこれも同じように見えて、失礼だが退屈である。

そんなイメージが吹き飛ぶような生け花に驚き。

カテゴリー: 未分類 | 自由な表現 はコメントを受け付けていません

♯ハナノコキュウ

IMG_5167.jpg IMG_5160.jpg IMG_5155.jpg IMG_5150.jpg IMG_5148.jpg

先日、府立植物園へ行ったら、なになに?これって?
と思う生け花に遭遇。

「♯ハナノコキュウー明日へのエナジー」と題された(京都新世代いけばな展とか。
こんなに流派って沢山あるの?
知ってる流派は少し。

大胆、キッチュで現代アートのよう。
面白い!

カテゴリー: 未分類 | ♯ハナノコキュウ はコメントを受け付けていません

神馬で昼呑み

IMG_5127_2.jpg IMG_5128_2.jpg IMG_5129_2.jpg IMG_5130_2.jpg IMG_5131_2.jpg

上七軒から千本通をぶらぶら。
新しいお店あり、閉店、休業のお店あり。

神馬が開いている。
テイクアウトでもやってるのかと思ったら、なんとお昼定食の看板。
昼呑み出来ますとことで、即、中へ。

松花堂弁当やお昼定食もあったが、2人なのでアテで昼呑みといきたい。
つきだしでもう嬉しくなってしまう。
この時期しかないという立春初しぼりの日本酒と合わせる。

初ものの筍の炊き合わせと、白魚の天ぷらには、どぶろくを。
あー!幸せ!

これからもずっとお昼営業を続けるのだそう。
予約しないとほとんど入れないお店。
楽しみが増えた。

カテゴリー: 未分類 | 神馬で昼呑み はコメントを受け付けていません

天神さんの梅

IMG_5107_2.jpg IMG_5113_2.jpg IMG_5120.jpg IMG_5118_2.jpg

良いお天気に誘われて、天神さんへと出かけた。
梅とともに、花手水の可愛らしさに人々の表情も緩んで。

カテゴリー: 未分類 | 天神さんの梅 はコメントを受け付けていません

ニュイ.ブランシュ

IMG_4333_2.jpg IMG_4334_2.jpg IMG_4295_2.jpg IMG_4307_2.jpg

3日、「ニュイ.ブランシュ KYOTO」に行ってきた。
日本とフランスの現代アートの祭典である。
ニュイ.ブランシュは、フランス語で白夜を指す。

パリが芸術を夜通し楽しむイベントを行っており、姉妹都市の京都でも2011年から開催している。
約40会場で、展覧会やパフォーマンス、コンサートなどが夜まで楽しめる。

訪れたのは、「京都市京セラ美術館」
(ナイトウィズアート 2020)
エントランスの鈴木康広の25メートルの巨大な作品「空気の消息」がお出迎え。

京セラスクウェアでは、オオルタイチとmama!milk、京都市交響楽団のメンバーとのセッション。

アコーディオン(黒いドレスとヘッドアクセがとてもオシャレ)とウッドベースのオオルタイチのノスタルジックな音。
それに、mama!milkの前衛的な演奏と古楽的な交響楽団がミックスして。
映画の一場面のよう。

閉じこもっていた日々から徐々に戻ってきた日常。
野外で聴くコンサートに、しみじみと幸せを感じた。

カテゴリー: 未分類 | ニュイ.ブランシュ はコメントを受け付けていません

ブリュノ フォンタナ 展

IMG_4254.jpg IMG_4255.jpg IMG_4258.jpg IMG_4259-scaled.jpg

京都駅で用があったので、「ワコールスタディホール
キョウト」へ寄った。

毎年、こちらのギャラリーでは、京都国際写真祭に参加しているが、行く機会がなかった。

展示は、「ブリュノ.フォンタナ」
パリを拠点に制作活動を行うが、フランスの田舎の風景としてあるサイロを題材としている。

アルミニウムに直接プリントされているというが、ボッーっと浮かび上がる不思議な様が想像力を呼び起こす。

フォンタナは、サイロをこれまで見過ごされてきた遺産として、その存在意義を問う。

カテゴリー: 未分類 | ブリュノ フォンタナ 展 はコメントを受け付けていません

大丸では

IMG_4237.jpg IMG_4236.jpg IMG_4234.jpg IMG_4232.jpg

大丸のショーウィンドーには、セネガルのオマー.ビィクター.ディオブの作品。

エントランスでは、公募によって選ばれた作品の展示。
いつものデパートが、違う空間になる。

カテゴリー: 未分類 | 大丸では はコメントを受け付けていません

美女100人

IMG_4226.jpg IMG_4225.jpg

京都駅ビル 空中径路では、甲斐 扶佐義の(美女)シリーズのポートレート100点が並ぶ。

年齢もバックグラウンドも様々な女たち。
ある時期か、ずっとか、京都で生きる女たち。

彼は「ほんやら堂」を造った人。
今出川通を自転車で走っていたら、よくカメラを構えていたなー。

カテゴリー: 未分類 | 美女100人 はコメントを受け付けていません

足場と人が奏でるメロディー」

IMG_4211.jpg IMG_4212.jpg IMG_4213.jpg IMG_4218.jpg IMG_4216.jpg

京都駅ビル7階 東広場北ピロティでは、フアン スンミンの展示。

「足場と人が奏でるメロディー」という作品は、工事現場を劇場又はステージとする。

(工事現場ショー)を通して、労働と労働者階級に敬意を表わしているのだという。

カテゴリー: 未分類 | 足場と人が奏でるメロディー」 はコメントを受け付けていません

アニエス・ベーで

IMG_4198.jpg IMG_4199.jpg IMG_4205-scaled.jpg IMG_4206.jpg

京都国際写真祭。
この日は、伊勢丹のアニエス・ベーでの展示を見る。

作品をプリントしたウェアやポストカード、写真集なども販売。

カテゴリー: 未分類 | アニエス・ベーで はコメントを受け付けていません