パンテオン

IMG_2441.JPG IMG_2458.JPG IMG_2459.JPG IMG_2460.JPG

スペイン広場の方へ向かっていたら、自然にパンテオンに出た。
古代ローマの神殿で、石造りでは世界最大級である。

こちらも入場フリー。
内部に入って、まず美しいクーポラ(丸屋根)に目がいく。
中心に空いた採光窓は、パンテオンの目と言われている。

後で気が付いたのだが、こちらにラファエロのお墓があったのだ!
(彼の遺言通り)
もっとよく見ておいたらよかった。

メロッツオ.ダ.フォルリのフレスコ画「受胎告知」

とても好きだ。

カテゴリー: 未分類 | パンテオン はコメントを受け付けていません。

サン .カルリーノ .アッレ .クアットロ. フォンターネ教会

IMG_2394.JPG IMG_2395.JPG IMG_2400.JPG

次に現れたサン.カルリーノ.アッレ.クワットロ.フォンターネ教会。
こちらも素晴らしい。

特徴的な天井、見上げていると吸い込まれそう。
鬼才建築家ボッローニ設計だという。

なるほど、こんな天井見たことがない。

先の教会共に、入場フリーであり、撮影も出来るとは感激である。
ローマの奥深さ、ここにあり。

カテゴリー: 未分類 | サン .カルリーノ .アッレ .クアットロ. フォンターネ教会 はコメントを受け付けていません。

サンタ 、マリア .デッラ .ヴィットリア教 会

IMG_2388.JPG IMG_2389.JPG IMG_2391.JPG IMG_2392.JPG

しばらく行くと教会が見え、入口から人々が出てきたところであった。
入ってみよう。
足を踏み入れて、びっくり!

荘厳な内部の装飾に息を飲む。
素晴らしい壁画、天井画や彫刻。

バロック時代の巨匠ベルニーニの有名な彫刻「聖テレーザの法悦」
まさか、ここで見ることが出来るとは!
心が打ち震えるよう。

奥の間では神父様が絵ハガキなどグッズを販売されていた。
内から滲み出る物腰のお優しさ。

カテゴリー: 未分類 | サンタ 、マリア .デッラ .ヴィットリア教 会 はコメントを受け付けていません。

聖堂と共和国広場

  • IMG_2365.JPG IMG_2370.JPG IMG_2381.JPG

浴場の遺構を聖堂に転用したサンタ . マリア .デッリ .アンジェリ .エ .ディ .マルティーニ聖堂。

とても印象的な入口。

なんと、ミケランジェロの設計なんだそうだ。

そして、その前に広がる共和国広場。

浴場や教会、見たかったな。

カテゴリー: 未分類 | 聖堂と共和国広場 はコメントを受け付けていません。

ローマ街歩き

  1. IMG_2363.JPG

ローマでの最終日は、丸一日フリータイムである。
テルミ二駅すぐのホテルから、行きたい方向だけを決めて2人で歩き出す。

すぐに遺跡らしき巨大な建物が。
ディオクレティアヌス浴場跡である。

ローマ帝国で最大かつ最も豪奢な公衆浴場で、306年、皇帝ディオクレティアヌスが建設した。

門の前に、小学生たちが並んでいた。
社会見学だろうか。

カテゴリー: 未分類 | ローマ街歩き はコメントを受け付けていません。

ローマへ

IMG_2305.JPG IMG_2312.JPG IMG_2310.JPG

いよいよ最後の訪問地、ローマへ。
車窓からは整然と並んだ糸杉やなだらかな丘稜、これぞトスカーナという風景が続く。

イタリアの中でもとりわけ美しい田園風景は、人間の手によって造られ守られている。
それが貴重な観光資源ともなっているのだ。
そして、世界の人々を惹きつけてやまない。

さて、ローマ。
車窓からサン・ピエトロ寺院、サンタンジェロ城などを見学。
トレビの泉からスペイン広場を歩く。

ここで言葉は出てこない。
何を言っても陳腐になりそうで。

カテゴリー: 未分類 | ローマへ はコメントを受け付けていません。

センスの良いお店

  • IMG_2264_2.JPG IMG_2219.JPG IMG_2270.JPG IMG_2271.JPG

霧に煙った町は本当に美しく、センスの良いお店が点在している。

イタリアで一位になったというジェラート屋さんに入り、ピスタチオとヴェルナッチャ味(ここの名産の白ワイン)を。
噂通りの美味しさ!

その他、名産の猪肉のお店も数軒見かけた。

お店に入る時間はなく、もっとゆっくりと滞在したいと思わせる町である。

カテゴリー: 未分類 | センスの良いお店 はコメントを受け付けていません。

サンジミニャーノへ

IMG_2212.JPG IMG_2213.JPG IMG_2218.JPG IMG_2215.JPG

9〜12世紀に交通の要衝として栄えた「サンジミニャーノへ。
城塞内に足を踏み入れると、中世の街並みが広がり、権力のシンボルとして建てられた塔が14基残る。

ちょうど良い大きさの町は人も多くなく、心落ち着く。
ピノッキオのお店があった。

カテゴリー: 未分類 | サンジミニャーノへ はコメントを受け付けていません。

ピサへ

  1. IMG_2193.JPG IMG_2200.JPG

フィレンツェで昼食後、
1時間半程バスに揺られピサに着いた。

歩き出してすぐにツアーコンダクターさんの声。
「あそこにスリ集団がいます。気をつけて」
ええー!

10代と思われる男女がたむろしているのが見えた。
一同に緊張が走り、自然に腕を組み固まって歩いた。
この一体感は何だろう。

ツアーの最初から最後まで、ずっとスリや盗難に注意するように言われ続けていた。
そのお陰で、誰も何事もなく済んだのだが。

イタリアの中でも、ピサやローマのトレビの泉など、観光地の中の観光地では、とりわけスリに対する警戒が必要だ。
なんだか、悲しい現実。

自由時間、ショップに入るとベスパ(ローマの休日でオードリーが乗っていたスクーター)グッズを色々売っていた。

日本にもコアなファンがいるが、こんなグッズは初めて見た。

トスカーナに工場があるからなのだろう。

 

カテゴリー: 未分類 | ピサへ はコメントを受け付けていません。

あまたの名画が目の前に

IMG_2079.JPG IMG_2076.JPG IMG_2054.JPG IMG_2050.JPG IMG_2047.JPG

ウフィッツィ美術館では、ガイドさんの案内で効率良く作品を鑑賞する事が出来た。
誘導も説明も熟れていて、経験が成せるベテランの妙。

どれもこれも、名画だらけでクラクラしてくる。
ダビンチの絵画3点は、数週間前に修復が終わったところだそうで、この時期の訪問だったのは幸いだ。

カテゴリー: 未分類 | あまたの名画が目の前に はコメントを受け付けていません。